ポイント

お千代保稲荷の近くで見つけた道標

22:20:11
カテゴリ:道標 

昨日のエントリーで少しだけ取り上げたお千代保稲荷ちかくの道標のことだが、改めて本エントリーでも取り上げる。(昨日のエントリーではカテゴリ:道標を指定しなかったので。)

まず、雨に濡れている状態がこれ。

DSC_9322
DSC_9323

雨が上がってしばらくして、乾いた状態のがこれ。

DSC_9335

当該部分のリサイズなしのトリミング。

DSC_9336trim


e1sa1 at 22:20|PermalinkComments(0)

名滝の追分の道標

20:50:27
カテゴリ:道標 

昨年2022年8月下旬、ほぼほぼ1年前に撮影した画像。

DSC_7514

ここは下街道と三河街道の分岐にあたる。



e1sa1 at 20:50|PermalinkComments(0)

北国脇往還と長浜街道の分岐点の道標

21:14:40
カテゴリ:追分、分岐、合流 

今週末に北国脇往還を歩くと昨日のエントリーに書いた。

前回歩いたときの写真を見ていたら、いろいろと道標の写真が出てきた。その中から、これ。長浜街道との分岐点にある道標だ。

DSC_6750


e1sa1 at 21:14|PermalinkComments(0)

夜の伊賀街道・大和街道の分岐点にある道標

22:00:55
カテゴリ:道標 

夜メシをかなり早い時間帯に食べた後、カメラを持って外に出て、もと来た道を戻った。

大和街道と伊賀街道の分岐点?合流点?にはこのような道標がある。

DSC_7940

暗くてワカンネかw。



e1sa1 at 22:00|PermalinkComments(0)

東海道関宿、西の追分、大和街道との分岐にある道標

22:23:04
カテゴリ:道標 

先週末の大和街道の旅で出発地点だった「西の追分」にある道標。

DSC_7831

「ひだりハいかやまとみち」とある。



e1sa1 at 22:23|PermalinkComments(0)

谷汲街道と亀の渡し

22:07:21
カテゴリ:常夜灯 | 想定ルート

1ヶ月前のことになるが、月一の岐阜市でのアイドルイベントに行く直前、名古屋駅構内の立ち食いでちょっとかがんだ格好でそばを食っていたら、腰が急に痛くなってしまった。

それから2日間くらいは本当に痛かったのだが、徐々に痛みは和らいできた。

しかし、ほんの僅かな痛みだけが、1ヶ月経った今になっても消えない。

この間、あまり腰に負担をかけることは避けようと思い、重い荷物を背負っての街道ロングウォークは行ってこなかった。まあせいぜい、カメラを持って15キロほど散歩する程度で。

昨日もそのイベントのために岐阜に行ったわけだが、、、なんか岡山からすげえスタイルの良いとんでもない美少女軍団?美女軍団が来ていて。 1st☆kissというグループらしく、聞くと、なんと前日にアイドルデビューしたばかりというから驚きである。

イベント観覧後、岐阜市内で昔からありそうな道を探索してみた。

柳ヶ瀬antsの目の前の道が、柳ケ瀬商店街、西柳ヶ瀬商店街から続いていて、そのまま西に伸ばすと中山道に接続するので、これに目をつけたわけだ。

以前どこかで見た地図で、接続ポイントからそう遠くないあたりに「道標」と書かれていた記憶があって、そのあたりを歩いてみたのだが、残念ながら道標は見つからなかった。

(今、その地図を確認したのだが、記憶とはまったく違う場所だった・・・)

そんな感じの空振りなわけだが、収穫はあった。川沿いで常夜灯を見つけたのだ。

DSC_7090

谷汲街道の「亀の渡し」にある常夜灯だそうで。それにしても、谷汲山への道はいたるところから分岐しているよなぁ。。。

ただ、この場所から谷汲山へ行く道となると・・・・地図を見てもいまいち、というかほとんどルートがわからない。かつての名鉄谷汲線はちょっと離れているし。。。



e1sa1 at 22:07|PermalinkComments(0)

三河街道と道標

22:34:16
カテゴリ:想定ルート | 道標

中山道の大湫から東海道の池鯉鮒を結ぶ「三河街道」という道がある。というか、あるらしい。

「らしい」というのも、その存在はいろんな文献で紹介されているのだが、詳細なルートを紹介している媒体がまったく見つからないわけで。

わかっているのは大湫から池鯉鮒までどの町/村を通るかってことと、あとは、下街道と一部を共有していて、「名滝の追分」で下街道は東に向かって土岐川を渡るのに対し、三河街道はそのまま土岐川の西側を通るってことくらいだ。

で、ちょうど2年前に、名滝の追分から分岐した三河街道がどういうルートを通るか、地図上で想像してみた。おそらくは県道421とほぼほぼ同じで、旧道は途中でそれたりしているんじゃないかと思った。ルートを想像して、2020年6月21日、実際に歩いてみた。

瑞浪駅を出て土岐橋をわたり、 中島醸造 のあたりに来る。このへんは風情がある街並みだ。すぐ近くに小里川があって、川の向こう側では421が北上している。421は川の北岸で、川に遮られる形で折れ曲がっているのだが、南側に目を向けると、421が川をまっすぐわたってきたかのごとく延びている道がある。そしてそこには、このような道標がある。

DSC_2738
DSC_2742
DSC_2741

なんて書いてあるか?よくわからないが、おそらくは「左 大湫 大井」「右 岩村 明智」ではないか??

さて、三河街道とは本当に謎の多い街道なわけだが、本日、ちょっとひさしぶりにぐぐってみたら、とんでもないものを見つけてしまった。どうも瑞浪市観光協会がわりと最近に作成したサイトのようで、市内の三河街道について書かれているではないか!

googleマップでも出てきた。「三河街道 道標」でマップ検索すると、上記サイトで紹介されている場所がヒットする。「瑞浪.com」の表記があるので、おそらくは瑞浪市観光協会が登録してくれたのだろう。実にすばらしい。

ただ、瑞浪.comのサイトではこの道標は「中切辻の三河街道道標」という名で紹介されているが、Googleマップでは「戸切辻の三河街道道標」で登録されている。うーん・・・どちらなんだ?

もう少しGoogleマップを見てみると、中街道と下街道の分岐地点が「中切追分の道標 」と登録されていて、この周辺には中切神社や中切公民館がある。瑞浪.comのサイトでも中切辻の道標のページがあって、こちらは.comもマップも一致してる。

というわけで、上の写真の道標は「戸切」だろうと思ったのだが、あらためてその周辺をGoogleマップで近くを見ると「中切地蔵菩薩」が登録されていて、これが瑞浪.comでは益見中切 辻の地蔵のページで紹介されている。

うーん、謎だ・・・

ちなみに釜戸には「下切」もあれば「上切」もある・・・。下街道を歩けば目にするアレです。

ちょっとよくわからなくなってきたので、今日は酒を飲んで寝ることにしよう。



e1sa1 at 22:34|PermalinkComments(0)

【上街道】切通しの馬頭観音

22:33:26
カテゴリ:石仏 | 道標

切通しの馬頭観音。道標も兼ねていて、「右ハかち道」「左ハ馬道 川渡八東道」とあるらしい。

DSC_3089


e1sa1 at 22:33|PermalinkComments(0)

【上街道】善師野にある道標

21:44:01
カテゴリ:道標 

上街道の、愛知県道188号線が186号線にぶつかる交差点に、このような道標がある。

DSC_3067
DSC_3072

「右 いぬ山 道」「左 なごや 道」と彫られている。



e1sa1 at 21:44|PermalinkComments(0)

上街道の石仏道標

21:37:30
カテゴリ:道標 | 石仏

10月の上街道の旅で撮影した石仏。

DSC_3063
DSC_3064

「右ぜんじの道」「左いまい道」と書かれた道標でもある。



e1sa1 at 21:37|PermalinkComments(0)