下街道

名古屋札の辻を出発点として歩く日の朝食は「ゆで太郎 名古屋長者町店」にて

23:45:48

名古屋を通る街道は名古屋札の辻(伝馬町通本町の交差点)が始点だったり、通過点であるものが多い。僕にとって街道歩きを始めるきっかけとなり、初めて踏破した「下街道」も、札の辻を開始点とする。

この札の辻のすぐ近くに、2018年3月、ゆで太郎がオープンした。

さて街道歩きをする際に「難しい」のが、朝食である。出発地点に行くために電車に乗る場合には、駅の立ち食いそばなどが重宝するが、名古屋在住の自分は札の辻の最寄り駅である栄駅までは地下鉄を利用するわけで、立ち食いそばなど存在しない。

街道踏破に初挑戦する日の朝、僕は栄駅地下の「酒津屋」さんに入った。朝から酒が飲める店であるw。が、今年に入ってからはゆで太郎で朝食を食べてから歩くことにしている。牛丼チェーン店のような朝専用のメニューもあるので。

下の写真は2019年1月26日に鮎鮨街道を札の辻から一宮まで歩いた日の朝メシだ。

DSC_6906


e1sa1 at 23:45|PermalinkComments(0)

栄駅地下の「酒津屋」さんの朝食

22:35:48

私が街道歩きを始めた2016年。一番最初に踏破をしたのが、名古屋札の辻(伝馬町本町通)から中山道槙ケ根追分までを結ぶ「下街道」で、その最初の日の朝食に選んだ店が、サカエチカにある酒津屋 中店さんだった。戴いたのは「朝食」というものである。

DSC_2090
DSC_2092
DSC_2095

名古屋札の辻からは、南東の方角に歩いて地下鉄栄駅を目指し、サカエチカの中にこの店はある。朝7時からやっているので、朝食や朝呑みに行ける貴重な店である。



e1sa1 at 22:35|PermalinkComments(0)