中山道(系)

川戸新道を歩いた その1からの続きです。

前回は自作ルートの全体図を記載した。そこでも書いたとおり、このルートはあくまでも断片的な情報を元に作ったものなので、正確ではないかもしれない。

当エントリーで記載する区間は、下街道の虎渓道道標から土合の道標まで。つまり、下街道から分かれて川戸新道に至る道と考えられる区間で、下図の青線の道である。

また、丸括弧で連番が振ってある写真は、下図の赤いウェイポイント部分を撮影したものである。(1)は一番最初のウェイポイント、(2)はその次、といった具合だ。

Screenshot_2020-07-21_2 Leaflet Script generated by Wadachi

下街道の多治見橋からやや西南(名古屋方面)に行ったところに、五叉路がある。これを南西に向かう「ながせ商店街」が下街道で、北西に向かうのが今渡街道だ。そして北に向かう道には立派な「虎渓道」の道標があり、ここから虎渓山、高田、そして川戸新道に向かうことができる。

DSC_2865
(1)虎渓道の道標。

この道を歩くとすぐにJRの線路にぶつかるのだが、線路のすぐ近くに、馬頭観音がある。

DSC_2510
(2)JR中央線線路近くの馬頭観音。

馬頭観音のすぐ右に踏切があるので、これを渡る。

DSC_2514
(3)第7明治街道踏切。

踏切を渡ると、ころうどんの名店「信濃屋」があるので、これを右に見つつまっすぐ歩くと、正面に常夜灯と祠が見えてくる。

DSC_2517
(4)Y字路の常夜灯と祠。
DSC_2522
(4)常夜灯をアップに。

常夜灯を左に見つつ北上する。国道19号を渡ってしばらくすると、Y字路にぶつかる。

DSC_2523
(5)Y字分岐点。

これを右折すると虎渓山永保寺に至る道なのだが、そちらには行かず左折して永保寺の西を通る。

青線の道からはやや外れるが、永保寺の北東あたりにこのような道標のような石があった。表面は分厚いコケで覆われていて、何がなんだかさっぱりわからない。コケがかろうじて生えていない側面に文字が見えるが、残念ながら1字2字しかわからない。多治見市史で紹介されている道標なのだろうか・・・?

DSC_2599
(6)石造物の正面。
DSC_2600
(6)石造物の側面。
DSC_2608
(6)石造物を遠くから見たところ。

JRの線路に沿って東に進むと、左右が木で囲まれた道に入る。傾斜が下りになり、進んでいくと、視界が開けてきて、右側に土岐川が、左側にJRの高架が見えてくる。

そのまま進んで土岐川に注ぎ込む支流の橋を渡ったところに、道標がある。

DSC_2617
(7)道標の西面。「右 善光寺道」
DSC_2615
(7)道標の東面。「 右 たか田 道」「左 こけい 道」
DSC_2616
(7)道標の南面には何も書かれていないようだ。
DSC_2618
(7)道標の北面にも同じく何も書かれていないようだ。

文字がしっかり判読できるこの道標には、西面に「右 善光寺道」、東面に「 右 たか田 道」「左 こけい 道」と書かれているこの道標は、多治見市のウォーキングコース「コース61虎渓山と山吹町コース」にも記載されている。

ここから土岐の久尻に至る道が、川戸新道である。

(その3につづく)



e1sa1 at 20:30|PermalinkComments(0)

川戸新道を歩いた その1

20:51:16
カテゴリ:調査 | 下街道

私が人生で初めて徒歩でスタートからゴールまで歩いた旧街道が「下街道」だが、その下街道のバイパスが川戸新道である。

下図は、あくまでも断片的な情報をもとに独断で自作したルートである。したがって、正確ではないかもしれないことをあらかじめ記載しておく。

西側の始点(終点)は下街道と今渡街道の合流地点で「虎渓道」の道標がある交差点土合にある川戸街道の道標、そして東側の終点(始点)は明治街道との接続点と思われる地点とした。下図で言うと青色の線である。

Screenshot_2020-08-13 Leaflet Script generated by Wadachi

ちなみに黒い先は下街道から土合に至る道だ。

(その2に続く)

2020/08/13、西側の地点を修正した。



e1sa1 at 20:51|PermalinkComments(0)

下街道「長瀬・欠簗を通る新道」と「川戸街道」 その3 土合の道標~日之出町の常夜灯からの続き。

前回は日之出町の常夜灯までを歩いた。

先程まで「その4」を写真付きで書いていたのだが、どうもその道が間違っているんじゃないかと思ってきた。

よって、このシリーズはいったんここで完結する。その1で掲載した地図も、間違っているんじゃないかと思う。

追記。その1~その3を削除した。近日、「川戸新道」だけを取り上げた記事をうpすることとする。



e1sa1 at 22:11|PermalinkComments(0)

大湫神明神社の大杉が倒れてしまった

22:44:16
カテゴリ:ニュース | 中山道(系)

11日の出来事ではあるが、大湫神明神社のあの巨大な御神木が、倒れてしまった。

岐阜新聞:樹齢1000年超すご神木倒れる 瑞浪市、大雨の影響で

なんという悲しいニュース。新聞社が伝える地元の方々の声を見ていると、泣きそうになってしまった。

HDDの中に保存されている御神木の写真を、ここでうpしておく。

これは2018年1月27日の写真。当時は中山道の旅を三条大橋(京都)→日本橋(東京)に向かって進んでいて、大湫を通ったのは5日目のことだった。

DSC_9211

そしてこれはさらに以前の2017年11月25日。

DSC_7368
DSC_7370
DSC_7371
DSC_7373
DSC_7377
DSC_7376

この灯籠も壊れてしまったかもしれない。

DSC_7379


e1sa1 at 22:44|PermalinkComments(0)

多治見の下街道すぐ近くにある、こもり食堂

23:58:49
カテゴリ:街道メシ | 下街道

多治見駅の南側で下街道沿いの「ながせ商店街」から図書館に行く間に、こもり食堂という店があって、ここがけっこう個人的には好みだ。

DSC_2592


e1sa1 at 23:58|PermalinkComments(0)

多治見駅南側の下街道は「ながせ商店街」という商店街になっていて、そこに鳥竹食堂という店がある。

2020年6月27日(土)。この店に久しぶりに入り、やはり久しぶりに「天ぷら中華」を頂いた。中華そばに天ぷらが乗るのは岐阜県独特の組み合わせで、くどいラーメンに飽きたときにいただくと、妙にホッとする。

DSC_2862

店内には昔の商店街の地図が貼ってあって、道筋があまり変わっていないことがよく分かる。



e1sa1 at 22:52|PermalinkComments(0)

下街道の脇道のGPSトラックを作成した

22:16:09
カテゴリ:調査 | 下街道

1月に図書館で調べた情報、先週末に現地を見て得たもの、Googleストリートビュー、そして古地図を見て、下街道の脇道にあたる道のGPSトラックを作成した。

ルート情報だとちょっといろいろと不都合があるので、トラックファイルにした。

土曜日は晴れるようなので、このトラックをeTrex30xに入れ、実際に現地を歩いてみるつもりである。まあ、この道の半分以上は先週、すでに歩いているんだけどね。なので、次回はフルに、かつ正確に歩きたい。



e1sa1 at 22:16|PermalinkComments(0)

昨秋、中山道の奈良井宿にて。

23:08:20
カテゴリ:写真集 | 中山道(系)

クソコロナのおかげでまともに街道歩きも出来ず、このブログの更新契機も無いので、しばらくは撮りためておいた写真をうpしていくことにする。

写真は2019年12月22日。中山道の奈良井宿にて。

DSC_1392


e1sa1 at 23:08|PermalinkComments(0)

美濃路を一日で踏破する予定が・・・

23:46:49

令和元年(2019年)11月30日(土)。美濃路(美濃街道)を一日ですべて、つまり東海道宮宿から中山道垂井宿までを踏破する予定だったが、朝の出発が予定よりも1時間半遅れて、8時30分に出発したため、途中で19時のタイムリミットに間に合わないと判断し、先日訪れた起宿の博物館までとした。

Screenshot_2019-12-02 Leaflet Script generated by Wadachi


e1sa1 at 23:46|PermalinkComments(0)

郡上街道の岐阜→須原までを歩いた

23:26:11
カテゴリ:中山道(系) 

先日、11月2日(土)に、郡上街道を、中山道加納追分から長良川鉄道洲原駅ちかくまでを歩いた。

Screenshot_2019-11-20 Leaflet Script generated by Wadachi

郡上街道は昨年の10月に小屋名追分まで歩いていて、小屋名からは関まで行って、刃物まつりの終了10分前にハサミだけ購入してきたw。が、そのときはGPSも持っていなくて、荒い地図の情報だけを頼りに行ったので、かなり不正確ではあった。

今回はGPSを持参して行った。

正直、国道・県道の部分は、隣を車がバンバン走るので、あまりおもしろくない。が、美濃市のあたりからが面白くなる。



e1sa1 at 23:26|PermalinkComments(0)