2019年12月

北国脇往還のリベンジへ

23:43:59

2019年1月19日に北国脇往還を歩いたが、さんざん道に迷ったおかげで、タイムリミットまでにゴールの木之本に着けず、高月ちかくで諦めてJRで帰ったことがある。

道中、街道からはやや離れるが、冬限定で猪鍋を出している店があるので、冬の間にリベンジを果たしたいところだ。

DSC_6699

(追記)記事カテゴリに新たに「北国街道」を追加した。これまでの北国街道関連のエントリも同カテゴリに登録する。



e1sa1 at 23:43|PermalinkComments(0)北国街道 

鮎鮨街道を歩く直前の朝食を、吉野家で

22:51:19

2019年10月5日に鮎鮨街道を歩いたとき、伝馬町駅前の吉野家で朝食を食った。

牛丼チェーン店は仕事帰りにいくらでも行けるので、休日、とくに街道ウォークのときにはあまり行こうとは思わないのだが、出発地である東海道宮宿周辺で朝食を食える店が他にないので、ここが出発のときはこの吉野家で朝飯を食ってから出発することが多い。

DSC_1175

量がしっかりあるので、長距離ウォークのメシには良い。



e1sa1 at 22:51|PermalinkComments(0)朝食 

車窓にGPS

23:56:19

2019年11月17日(日)。北国街道を歩いた次の日、帰路のJR車内にて。

DSC_1145


e1sa1 at 23:56|PermalinkComments(0)

美濃街道にて

23:19:17

2019年11月30日(土)。美濃街道にて。

DSC_1206


e1sa1 at 23:19|PermalinkComments(0)写真集 

長浜街道 = 谷汲道?

23:51:55

先日、北国街道を歩いた次の日に、改めて長浜市内を観光していたとき、某所で見た地図に、北国街道の札の辻から「谷汲道」なるものが分岐している様子が描かれていた。

同名の街道で中山道赤坂宿を起点とする道は知っているが、長浜にもあるんだなぁ、と漠然と思っていた。街道の名というのは、出発地と目的地によって、違う街道が同じ名だったり、同じ街道が違う名だったりするのは、よくあることだ。

そして先ほど、同日に長浜市内で手に入れた「近江 長濱米原パノラマ鳥瞰圖」を見ていた。この図はすばらしい。新旧の名所が独特なタッチの鳥瞰図で描かれていて、観光情報としてもとても実用的なのだが、旧漢字を使って史跡を紹介しているところも歴史マニア的には面白いところで、ただただ眺めているだけで楽しい地図である。

んで先ほどこれを改めて眺めていたところ、先日読んだ『北国街道と脇往還』に記載があった「小谷道」と「長浜街道」が描かれているではないか!

そして、長浜街道にはカッコ書きで谷汲道と書かれていて、それは長浜観光中に某所で見た図とも一致している。

また歩きたい道が、ひとつ増えた。



e1sa1 at 23:51|PermalinkComments(0)北国街道 

名古屋市営地下鉄の暑さは異常!

17:55:46
暖房が強すぎるんだよ!
糞か。

e1sa1 at 17:55|PermalinkComments(0)日常 

街道ウォーク前の朝メシ

23:54:27

街道ウォークのスタート地点までJRで移動する場合、朝食はJR名古屋駅改札内の立ち食い店に行くことが多い。しかも、駅内の立ち食い店はきしめんが美味いとの評判が高いが、そこではあえてきしめんではなく、そばを食う。

2019年1月19日。北国脇往還を歩くために関ヶ原までJRで移動する直前、きしめんの店「住よし」で、名古屋駅限定の「ワンコインそば」を頂いた。

DSC_6681

ただ、北国脇往還ウォークは道を大幅に間違えたりしてグダグダになった。結果この日は、木之本まで行かず、高月のあたりで断念した。このリベンジは近いうちに果たすつもりである。



e1sa1 at 23:54|PermalinkComments(0)朝食 

美濃路を一日で踏破する予定が・・・

23:46:39

令和元年(2019年)11月30日(土)。美濃路(美濃街道)を一日ですべて、つまり東海道宮宿から中山道垂井宿までを踏破する予定だったが、朝の出発が予定よりも1時間半遅れて、8時30分に出発したため、途中で19時のタイムリミットに間に合わないと判断し、先日訪れた起宿の博物館までとした。

Screenshot_2019-12-02 Leaflet Script generated by Wadachi