脱水も色々

23:03:34
カテゴリ:脱水症/熱中症対策 

最近の体調の悪さはすさまじく、今日は昼前に、心拍数の増大と息苦しさを感じた。

その状態はなかなか収まらなかったので、急遽、近所のクリニックに行って心電図とレントゲンをとってもらったのだが、まったく異常は見当たらない。

それ以上の検査はクリニックでは無理なのと、一向に症状が収まらないので、近所の大きめの病院に行って検査をするも、結局は問題は見つからず。

その検査を行ってから結果を待つまでの間に、自分で入れた麦茶と、自販機のスポーツドリンクと、ミネラルウォーター、さらに麦茶を飲んだら、あれよあれよと体調が良くなっていくではないか・・・。

ほな何か。水が最強の薬やっちゃw。

はっきり言って、狭心症とか、心筋梗塞とか疑ってしまいましたよw。だって、今までに経験した脱水症や熱中症とは違う症状だから。

ちなみに、狭心症などという言葉をなぜ知っているかと言うと、最近、街道ウォークは健康目的の運動に最適なんやなぁなどと気がついたついでに、五街道ウォークというWebサイトを久しぶりに読んでみた。というのも、このサイトの管理人の先生がかつて病気になったのをきっかけにウォーキングに取り組まれたことが書かれていたのを思い出して、再読したわけだが、そこに書かれていた病名が狭心症だったわけで。

それはいいとして、今回、またもや水不足でやられたわけで・・・。

そういえば、昨夜、久しぶりに酒を飲んで、夜の寝る前に何度もションベンに行った覚えがある。

ここ最近は脱水に気をつけているので、今朝などは、起きてすぐにノンカフェインのお茶をいれて飲んだし、通勤中にもペットボトルを1本買ってチビチビ飲みつつ、会社に着いたら残りを飲み干し、さらには別のお茶を入れたりなど、水分補給はこまめにしているのだが、よくよく思い出してみると、水分の「出」と「入」の量があまりにもアンバランスだった。つまり、圧倒的に「出」のほうが多い。

ちまたでは何リットル飲むべきだとか、そういう目安みたいなものが数字で語られているけど、そんなものは個人によって違うわけで、他人から教えられた情報などにいちいち従ってられるかい、といった気分だ。要するに、自分の体に対する出と入を常に意識しながら適量を飲むべきか、と。もちろんミネラルの補給もしつつ。

・・・ブログカテゴリ「熱中症対策」は、「脱水症/熱中症対策」にリネームします。



e1sa1 at 23:03|PermalinkComments(0)

脱水症状の原因のひとつ、つづき

22:46:38

昨日のエントリー(脱水症状の原因のひとつ)の続きになります。

前回は、なぜかここ数ヶ月で血液と血圧が悪くなったことを書いたが、思い当たるフシはある。あるというか、それしか考えられない。

今一度、自分の飲み食いしてるものをチェックしてみたところ、酒を飲むときにヨーグルトと野菜ジュースを毎日摂取していたのだが、この2つが異様に糖分が高いことが判明した。

どうやら、アルコールを取るとそれを分解することに肝臓の仕事を奪われて、一緒に取ったものが分解されず蓄積されやすいらしい。

それを考えると、自分は週末に好きなものを散々食った後に飲んだくれる癖があるが、これは良くないということだ。

まあ一般論ではそういうことらしいが、だけどそれだけじゃ、ここ数ヶ月で一気に悪くなった説明がつかない。なぜ今になって突然に悪くなったのか、と。

答えはきっと、ここ数ヶ月まともに街道歩き旅に行ってないからだろう。

11月以後で記憶にあるのは、冬に歩いた北国脇往還、そして春に歩いた甲州街道の一部のみで、それ以外はせいぜい10キロとか長くても20キロとかの距離を、ダラダラと散歩程度に歩いたくらいである。

記録を見てみると、去年の11月あたりから街道旅が減り始め、今年に入ってからは散歩程度の街道歩きでさえ、あまり行っていない。

要するに、長年にわたり太る努力みたいなことをやり続けていたけれど、街道ウォークという、エネルギー消費量のそこそこ多いことを定期的にやっていたおかげで大したことにはならなかったが、その街道ウォークを辞めた途端に太る努力が実ったwということだろう。

まあ実際には、体型はそんな太っていないのだが・・・。

それと、街道ウォークの頻度低下だけでなく、今年の4月ごろから某イタリアンファミレスチェーン店で豪勢に朝メシを食ってワインを飲むということを好んでやっていた。こりゃあかんわ。

自分は街道歩き旅を、運動が目的でやってきたわけではない。ただただ歴史研究のためというか、タイムスリップ感が好きというか、そういう感覚でやってきた。それが、意図せずに上質な運動をしていたってことなんだろう。

確かに、ただただ家でじっとしているよりはかなりの運動になってるとは思っていたけど、そこまで必要なものとは思わなかった。だから、それを辞めてしまうことの損失をあまり認識していなかったと言ったところだ。

ちょっとこのまま灼熱街道旅に行けないのもつまらないので、とりあえず灼熱ウォークができるところまで復活させようということで、先々週以来、食事は徹底的に改善させ、血圧計を購入した。ここ2週間ほどで体調がかなり良くなったのだが、今週にはさらに某メーカーから発売されている「体重体組成計」なるものまで購入してしまった(これが思いがけない安値で手に入れることができた)。

もちろん始めて使ってみた・・・というか自分は体重を年に1度の健康診断でしか測らない・・・のだが、体組成計は体重以外にもいろんな項目があって面白い。

特に面白いのは「体年齢」なるものの判定だ。自分の体は実年齢よりもずいぶん若いらしい。よかったよかった。

自分はGarminのGPSウォッチ「Instinct 2」を使っていて、こちらも活動量や体の調子をモニタする機能があるのがだが、体組成計と組み合わせて使うといろいろ分かって面白そうだ。

今週末はリハビリに御油周辺を歩いてみたいと思う。



e1sa1 at 22:46|PermalinkComments(0)

脱水症状の原因のひとつ

21:40:01
カテゴリ:脱水症/熱中症対策 

この夏は熱中症というか脱水症状になぜかかかりやすいという話を、先々週、複数のエントリーに書いた。

その後、あまりにも調子が悪いので医者に行って血液検査をしたところ、思いがけぬ悪い数字が出てきた。

肝臓の数値が悪いのはまあお約束だとして、それ以外に、中性脂肪の数値が高かった。そして、血圧も高かった。

あとヘモグロビン値が若干高いのも、自分にたまーにある傾向で、何年か前の健康診断でも1度だけやや高めの数値が出たことがあった。

それにしても中性脂肪というのは驚きだ。前回の健康診断ではまったく問題にならなかった項目だし、自分は太っていないどころか、今年に入ってからはむしろここ数年で一番痩せているのに・・・。

血圧に関しては前回の健康診断でやや高めの数値が出たが、まあ健康診断の項目全体の判定では要再検査にはならなかった。

それがここ数ヶ月で急激に悪くなったということなのか?

ただ、この血液検査をする前日にアルコールを摂取したというのがある。これの影響がどの程度出るのかは分からないが・・・。

さて。ド素人的な考えをここで恥ずかしげもなく披露すると、これはおそらく血液ドロドロの状態なので、血液を循環させるために血圧が高くなっていて、しかもドロドロだからちょっと水分を失った程度ですぐに悪影響が出やすいのではないか、と。

そういえば、脱水症状っぽいのが出たときは、心拍数が異様に上がってたっけか。

とりえあず医者で出してもらった血圧の薬と血液の脂質量を下げる薬を飲んだところ、血圧はあっという間に良くなっていった。あ、血液は検査していないのでわからんが・・・。

ちょっとこれに関しては一般的な脱水症状対策とは違うなぁと思うので、今後、このテのエントリーを書く場合はカテゴリ[技術]→[熱中症対策]の設定をしないようにします。



e1sa1 at 21:40|PermalinkComments(0)

偶然見つけた、本宿神明社の祇園祭

22:11:06
カテゴリ:祭り 

昨日のエントリーの続きになるが、国府駅まで向かう名鉄電車の車内から、本宿駅あたりで、別の神輿か山車が神社のような場所にあって、そこに人が集まっているのが見えた。

この時期はいろんなところでまつりがあるんだなぁ、と思い、国府を出た後、とりあえず思いつきで本宿駅まで行ってみた。

そしたら、駅前に山車があるではないか!

DSC_1779

しかし人が一人も居ない。まるでパラレルワールドではないか。タイムスリップどころか、違う時間軸の現代にでも飛ばされてもうたか???ww

まあそうやって暑い中を、のんびりのんびり旧東海道を西に向かって歩いてみることにした。体調がまだまだ優れないので・・・。とにかくのんびりだ。

すると遠くのほうか「ワッショイ!ワッショイ!」という声とともに楽器の音がかすかに聞こえてくる。

こちらが西に向かっていることもあり、東に向かう神輿はあっという間に近づいてきた。すれ違う時間はほんの10秒たらずだったけど、こっちまで気合が入ったよ。

さて、神輿が去った後に、近所の方にちょっと聞いてみた。あの神輿はどこからやってきたのか、と。

話によると、どうも近くの神明社から来たらしい。そして、後から調べてわかったことなのだが、この祭りは「本宿神明社の祇園祭」というらしい。

さっそく、本宿神明社に行ってみた。

DSC_1783

ううむ・・・。東海道の本宿のあたりは何度も何度も歩いているが、このような神社があるとは知らなかった・・・。

というか、街道沿いはかなり昔からある大きな神社が、それこそいろんなところにある。ひとつひとつ巡ってみるのも面白いかもしれない。

さて神明社を出て、今度は東に向かうと、お供物が。やはり祭なんだと思わせる。

DSC_1786

それにしてもさっきの神輿はどこに行ったんだろう・・・。東のこの先は大きな寺(法蔵寺)があるから、そこがゴール地点では???と思い、実際に行ってみたら、寺の大きな敷地内にそれらしき人たちが遠くから見えた。

ちょっと次の電車まで時間がなかったので、寺についたらすぐにUターンし、本宿駅に戻ってきた。

本宿駅から豊橋方面の電車に乗り、超早めのメシを食うために豊橋駅に向かった。

電車に乗りながら、考えていた。国府に行くときの電車内から見た神輿か山車のようなものは、一体なんだったんだろう、と。

後日Googleマップで確認したところ、その場所は本宿の東、国道1号線に合流する地点にあり、自分が神社だと思っていた場所の近くには公民館があって、その場所は公民館の敷地のようにも見える。法蔵寺からは目の鼻の先にあるので、もう少し歩いたら見つけられたということだった・・・。



e1sa1 at 22:11|PermalinkComments(0)

国府夏まつりに行ってきた。

23:51:10
カテゴリ:祭り 

先々週に脱水症状になったあたりから、2週間ほど、体調が悪い。

本来なら7月の週末ともなれば「東海道灼熱チャレンジ」と称して、毎年、桑名宿や四日市宿~亀山宿や、岡崎宿~吉田宿あたりを歩くのだが、今年はもうそんな体力的余裕はない。今の自分は、去年とは別人になってしまったようだ。なぜこうなってしまったのかは後日、別のエントリーで書いてみたい。

さてそんなわけで炎天下のロングのウォークは不可能だが、先週は1週間いろいろと気をつけたおかげで、外に出て軽い活動を行うことは可能になってきた。

なので今週は灼熱チャレンジを諦めて、この夏、東海道の各宿場町で開催される夏祭りを見に行ったり、歩くときはあまり行くことのない資料館や博物館に行くことに決めた。

さて。三河地方の東海道でこの時期、3つの祭りが開催される。

で、日曜日の12時ピッタリに国府夏まつりの拠点である国府大社神社に向かった。

43_image

この祭りの存在は知っていて、昨年2022年の灼熱チャレンジは7月31日(日)に見合駅~吉田宿までを歩いたのだが、そこで国府を通ったときにお祭りの雰囲気が伝わってきたのを、今でも覚えている。

国府に行く前に、ちょっと早めの昼食。某チェーン店の居酒屋でお刺身のランチを。

DSC_1626

かなり露出がアンダーになってしまった・・・。

そして、名鉄2dayきっぷを引っ提げて、国府駅へ移動する。岡崎宿~吉田宿の区間は東海道の中では一番多く歩いている区間だから、道順はほぼほぼ完全に覚えている。

まずは、祭りの拠点となる、国府大社神社に行く。祝詞があげられ、煙火がドーンと鳴って、歌舞伎行列が始まった。

DSC_1645

さて。僕がなぜ旧街道にこだわるかと言うと、タイムスリップ感に浸れる点に魅力を感じるからである。国府のあたりで言うと、藤川の松並木とか、御油の松並木とか、最高じゃないっすか。国府大社神社の大木は、あの大きさなんだから昔の旅人を見下ろしてきただろうし、今も令和の旅人を見下ろしているわけで。そういった、隔たりがある時間の連続性を感じるのが旧街道の旅なのです。

そして夏まつりも江戸時代を再現したようなもんやし。歌舞伎行列、煙火、山車・・・etc...

国府の他にも行く場所があって、現地に居たのはピッタリ3時間だったけど、とても印象深いタイムスリップ感だった。今でもまだ夢を見たかのような感覚だ。

youtubeで国府夏まつりで検索すると、秀逸な動画がいくつか出てくるので、チェックだ。



e1sa1 at 23:51|PermalinkComments(0)