鮎鮨街道沿い、清州城ちかくの田楽のお店、五條さんにて

23:41:15
カテゴリ:街道メシ 

2019年2月。鮎鮨街道を歩いている最中の昼メシは、街道沿いで清州城ちかくの田楽のお店、五條さんにて。

DSC_6982


e1sa1 at 23:41|PermalinkComments(0)

黒瀬街道の新記事と、遊歩道

21:34:33
カテゴリ:調査 

本日、「黒瀬街道」というワードでgoogle検索をかけてみた。すると、読んだことのない記事が1位にヒットしているではないか。


大好きな町、八百津。僕は真夏のお盆休みにこの町に2年連続で訪れていて、今年は8月11日に訪れた。八百津のメインストリートに当たる道を、昨年までは旧街道のようだと思っていたのだが、今年になってから「黒瀬街道」なる道があることを知った。

黒瀬街道は黒瀬湊から南北街道(裏木曽街道)に接続する道と考えて良いだろうか。どこを通るかは上記記事に説明がある。

そして、黒瀬街道のことを調べていたのは8月11日に八百津に行く前の下準備中のことだったので、8月19日にアップされた上記記事に気づかなかったわけだ。

さて。その8月11日のことであるが、昼メシに名店「三勝屋」で中華そばを頂いて、お店にある観光案内地図を手にとったところ、思わぬものを見つけてしまった。杉原千畝記念館からほど近い場所に「遊歩道」の点線が引いてあり、それは「水源の森」に向かって伸びているではないか。

僕の知識が正しいなら、黒瀬街道は水源の森の付近を通っている。そして、どこかのwebの記事で読んだのだが、そこまでの区間は荒れ果てて、とても通れるようなシロモンじゃないようだ。ならばこの遊歩道は代替ルートになりうるのだろうか。

さっそく行くことにした。杉原千畝記念館へは土日はタクシーが出ていて、このタクシーの運転手さんがものすごく博学で、非常に興味深い話がたくさん聞けて大きな収穫だった。記念館までは片道10分程で、そこから遊歩道の入口まで歩いてみると・・・。

DSC_9819
DSC_9821
DSC_9822

豚コレラ発生のため利用自粛だと・・・。残念!

自分は久田見まで登るルートは荒れ果てていて通れないことを考えて、別途、東側の旧道から離れた車道を代替ルートとして通るつもりだったが、それよりもこの遊歩道のほうが旧道に近いので、これを代替ルートとして通ろうと考えたわけだ。

とにかく、早く豚コレラがなんとかなってほしいもんだ。畜産業のためにも。



e1sa1 at 21:34|PermalinkComments(0)

東海地方、街道踏破地図

20:46:53

これまでに歩いた旧街道を地図上に描画し、東海地方を拡大してみた。黒が旧道を正確に踏破済みの道、灰色は踏破していない(途中で断線した)道だ。

Screenshot_2019-12-16 Leaflet Script generated by Wadachi


e1sa1 at 20:46|PermalinkComments(0)

北国脇往還のリベンジへ

23:43:38
カテゴリ:北国街道 

2019年1月19日に北国脇往還を歩いたが、さんざん道に迷ったおかげで、タイムリミットまでにゴールの木之本に着けず、高月ちかくで諦めてJRで帰ったことがある。

道中、街道からはやや離れるが、冬限定で猪鍋を出している店があるので、冬の間にリベンジを果たしたいところだ。

DSC_6699

(追記)記事カテゴリに新たに「北国街道」を追加した。これまでの北国街道関連のエントリも同カテゴリに登録する。



e1sa1 at 23:43|PermalinkComments(0)

鮎鮨街道を歩く直前の朝食を、吉野家で

22:51:19
カテゴリ:朝食 

2019年10月5日に鮎鮨街道を歩いたとき、伝馬町駅前の吉野家で朝食を食った。

牛丼チェーン店は仕事帰りにいくらでも行けるので、休日、とくに街道ウォークのときにはあまり行こうとは思わないのだが、出発地である東海道宮宿周辺で朝食を食える店が他にないので、ここが出発のときはこの吉野家で朝飯を食ってから出発することが多い。

DSC_1175

量がしっかりあるので、長距離ウォークのメシには良い。



e1sa1 at 22:51|PermalinkComments(0)